汗の臭い対策は継続的な努力が大切

これから汗をかく季節になってきますが、周りにどのくらい臭っているだろうか?と誰もが気になります。

 

 

私は職業柄クーラーの利いてない部屋で作業したり、そこで汗をかいてそのまま会社の車で複数人でいどうしたりします。なので汗には敏感になるし、どうしたら少しでも臭わないようにするか色々調べたりもしました。結構制汗剤をすぐ使う人がいますが、逆効果になる場合があることに気づきました。元々汗が臭いにくい人ならいいですが、ある程度いくと汗と制汗剤が混ざって逆に妙な臭いになることがあります。

 

 

制汗剤を使うくらいなら、汗拭きシートがオススメです。拭いたあとごみが出るのが難点ですが、汗を拭くと体感温度が下がり、いくぶんか次の汗が出るまで少し時間をおくことができます。拭いた後も肌のベタベタもなくなり、すべすべとした仕上がりでお風呂に入った後のような感覚になれます。着る服にも一工夫入れると汗のかき方が全然かわってきます。大きな差はないですが、明るい色の服より暗い色の服の方が熱がこもりやすいです。

 

 

また、ユニクロで売ってある「エアリズム」をTシャツなどの下にきると体感温度が少し下がるし、汗を逃がしてくれるのでとてもいいです。2枚着るから逆に暑いんじゃないの?と思うかもしれないけど、違うようです。某番組でもやっていました。2枚着ていた方が汗をかく前から涼しく、かいた後もすぐ乾くので絶対こっちがいいと思います。あとはこまめにシャワーを浴びれる環境にあるのなら、浴びた方がいいし、洋服をこまめに取り替えるのもいいと思います。

 

 

汗をかいた洋服はずっと放置するのでなく、早めに洗濯して生乾きにならないようにしっかりと乾かすように心がけると、次回使用するときも汗の臭いがしみ込んでおらず、快適に着れると思います。根本的に汗の臭いを軽減するのならばタバコを辞める、脂っこいものを控える、適度な運動をする等生活習慣を見直す必要があります。生活習慣を変えたからといってすぐに反映されるわけではないと思うので、継続的な努力が大切です。