加齢臭の原因、こんな対策もあります。

加齢臭は40代から激増する主に男性に起こりやすい体臭の一つです。

 

 

一般的にはロウや古本、チーズのようなニオイと言われています。厄介なのは自分で気づかないうちに周りに嫌な思いをさせていること。しかも相手も余程親密でない限り直接言ってはくれません。知らないうちにどんどん周りに不快さをまき散らしてしまうという恐ろしさがあるのです。そんな加齢臭について原因と対策をまとめてみます。こんな対策もあるというものも合わせて紹介します。

 

加齢臭の原因は、ノネナールという物質ですこれは簡単にいうと皮膚にある新しい脂と古くなった脂が混じりあってできる物質です。若い人だとこのまじりあった時に起こる化学変化(酸化)を抑制することができるのですが、加齢によってその抑制力は失われてしまいます。これが主に耳の後ろ、首回り、背中、腋窩(ワキ)、胸元、頭皮に発生します。タバコや二日酔い、汗、口臭、頭臭がそれらを強くすると言われています。特に皮脂の量が増える暑い季節に臭いは更に強くなるのです。まとめると汗と脂と臭いの強いものが組み合わさり、それらの合成を妨げる力が加齢で失われてしまって発生するのが加齢臭と言われています。

 

加齢臭の対策としては、食事、運動、衣類、清潔さ、デオドラント製品の使用、汗対策、クリーニングがあります。食事は肉料理を減らして、海藻類や食物繊維を多く摂取するとノネナールの発生を抑えることができます。特に緑黄色野菜がお勧めです。運動というと汗のイメージで加齢臭が悪化するのではと思われるかもしれませんが、臭いを作る原因の一つでもある活性酵素を打ち消す効力があります。

 

 

また、老廃物を汗と一緒に流すことができます。もちろんその後、シャワーやお風呂などで清潔さを保つ工夫が必要です。あとはデオドラント製品がたくさん出ているので、それを利用することも大切です。衣類も最近は防臭、消臭シャツが出ているので、それらを利用するもの良いかもしれません。そして普段は皮脂や汗をこまめにふき取ることや定期的に衣類の臭いの原因物質を徹底的に落とす目的でクリーニングを行うということも大切です。

 

こんな対策もあります。それは赤ワインを飲むことです。赤ワインのポリフェノールは抗酸化作用があり体臭に効果があると言われています。ただ、二日酔いになってしまうと臭いが増強してしまうので注意が必要と言えます。