目のまわりのたるみを予防するために毎日できる3つ方法

人の年齢が出やすいところは目ですが、目は口ほどにものをいうというくらい目から得られる情報は多いです。

 

 

だからこそ目のまわりのスキンケアをしっかりしてたるみとして出やすい年齢肌を予防しておくことで、見た目を若々しくキープすることができます。
では年齢をダイレクトに感じさせやすい目のまわりのたるみを予防するための3つの簡単な方法を順に見ていきましょう。

 

 

まず目のまわりはどうしてたるみやすいのかというと、柔らかい皮膚の部分であること以外に顔のパーツの中でその皮膚の下に骨がないことも影響しています。
つまり頬骨などのがっしりした部分でないから余分な脂肪がつきやすく、そのまま重力でたるみやすいということなんです。

 

それではたるみを防ぐために、日常のNG習慣です。

 

化粧水をつけるときや洗顔、また花粉の時期などによく目のまわりをこすってしまう、叩いてしまうなどの場合その悪癖がたるみの原因にもなりかねません。
柔らかいデリケートな皮膚に強い刺激はもってのほかです。

 

洗顔の時、化粧水をつけるときは叩くではなくて優しくタッチするような感覚を再現しましょう。
また目がかゆいときもこするのは目だけでなく当然皮膚にもNGです。
そして2つ目、目のまわりの皮膚をスキンケアする方法です。

 

最近ではアイクリームなど専用のアイテムもありますが、価格がと断念している人も目のまわりの皮膚のたるみを予防するためにうるおいだけでなく、収斂化粧水も利用しましょう。
収斂化粧水は毛穴などを目立たせなくするためのひんやりした感覚が特徴のものですが、鼻やおでこといったTゾーンだけでなく顔全体にもケアするといいです。
毛穴があるとくすんでみえてしまうのは目のまわりの皮膚も同じなのです。

 

 

3つ目は目のまわりにたまりやすいリンパを流してすっきれさせるのが大切です。
目は近視などの人は特に眼球によって圧迫されやすく、血流が滞りやすくなります。

 

 

だからこそ目のまわりのリンパを意識して流してあげることで、目のたるみ予防になります。
叩いたり強くこするのはもちろんNGですが、洗顔中やマッサージの時に優しく指でこめかみの方向へとリンパを流すようにしてあげると、目の重たい感覚だけでなくたるみも予防できるのです。